よい珈琲とは悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、そして恋のように甘い

未分類

こんにちは。Ryuです。

今回は、珈琲の話。ただただ珈琲の話。うまい珈琲の話。

読めば、うまい珈琲に出会えます。読んでからのお楽しみに。

タイトルはシャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールの名言です。

フランス革命期、政治家であり美食家でもあったその人が理想のコーヒーについて語った言葉です。珈琲好きとして、この言葉に出会った時は感激でした。

人は言葉一つでこんなにも感動し、口にもしてないのにあの味わいと香りを想像して感じられるものなのですね。

カフェもいいけど、おうち珈琲時間

17歳でブラック珈琲のおいしさに目覚め、大学でカフェ・喫茶店の文化史をたまたま学んで、その上甘党も手伝って、一時期カフェや喫茶店巡りもよくしてました。

最近は、子育てに忙しく、お気に入りの喫茶店やカフェでゆったり珈琲を嗜む、なんて時間は滅多にありません(泣)

が、おうち珈琲も好きです。

以前は、珈琲を豆で買って、家で手動の珈琲ミルを使ってガリガリと挽き、挽きたて珈琲を味わっていました。でも、そんな暇すらなかなか子どもは与えてくれません(苦笑)

なので、最近は、余裕のある時は家で豆を挽き、ない時はドリップパック式の珈琲を買ってます。これもいろいろ当たって辿り着いた美味しい珈琲です。

豆を挽く 珈琲ミル

ドリップパックが増えましたが、やっぱり少し時間をかけて、珈琲ミルで豆を挽き、珈琲を淹れると美味しい。

ただ美味しいだけでなく、挽いて、淹れる、という時間と手間のプロセスそのものが、心地よい時間なのです。珈琲好きには分かっていただけると信じています。

挽きたての珈琲は美味しいです。手間を省くなら電動珈琲ミルもいいです。手軽に挽きたての豆を味わえます(実家が電動ミルでした)。でも、僕は断然手動の珈琲ミル推しです!静かに豆を挽いてる時間が、挽きながら薫り立ってくる珈琲の匂いが、たまらなく愛しい。

そして、温めておいた陶器のカップに注いで飲む。できればゆっくりと。

僕が使ってるミルはこちらです⇓

もう何年使ってるかわからないですが、商品説明をみると、旧式のやつですね。小ぶりで場所を取らず、分解して洗いやすく手入れも楽なので、重宝しています。

その前はこちらを使ってました⇓ デザイン的には大好きですが、少し場所をとるのと手入れが少ししずらいので、今は飾りになっています。

ミルは挽く時間そのものを楽しむ上で、つまりは、珈琲時間をよりゆったりと楽しむなら、あった方がいいです。お気に入りを見つけて下さいね。

淹れる

さて、豆が挽けたら、淹れます。

誰もが思い浮かべる、あの光景・・・ポットからお湯を注ぐと膨らむ泡・・・あれは、なかなか難しいです。そもそも珈琲が新鮮でないと膨らみません。

珈琲豆が新鮮であることが絶対条件です。焙煎して一週間以内です。なので、本当に美味しい珈琲を求めるなら、豆はこまめに買いましょう。

注ぎ方も大切。やはり細口の珈琲ポットを使いましょう。珈琲豆の真ん中に、最初はお湯をそっと置くように少量注ぐのがポイントです。

僕の使ってるのは月兎印のスリムポットです⇓

以前はこの便利な電気ポットでしたが、使いすぎて壊れてしまってから手動の月兎印です。

本当はこんなのもいいなと思うのですが、我が家では場所取りすぎです⇓

あ、ちなみに、時々、このペーパーフィルター使います。家族に優しい気持ちになれますよ。

お気に入りのものをそろえて、おうち珈琲時間を至福の時間に。

 

感動した珈琲

僕が感動した珈琲の話

①17歳で、紀ノ川のどこかにある民宿の方が作ってくれたブラックアイス珈琲。

これが僕の珈琲の原点です。それまでコーヒー牛乳とかミロとか飲んでうまいと言っていたのに、このアイス珈琲の豊かな香りにノックアウト!!!以来、珈琲はホットもアイスもブラック無糖派です。ちなみに、家で美味しいアイス珈琲を作るのって案外難しいんですよね。上手に作ってくれてたんやなー。もはやどこにあるのか、今もあるのかわかりませんが、ありがとうございました!!!

②カフェパウリスタの森の珈琲

これは感動した!!!!!!!こんなにいろんな香りが芳醇に入り混じった深い味わいの珈琲があるのか!!!って鳥肌が立った!超有名店の珈琲。素晴らしいです。ちなみに、なぜ、「森の」珈琲なのかというと、ほぼ自然栽培で珈琲畑がまるで森の様だと感じたからだそうです。環境にやさしい自然栽培ってのもいい。

③森彦の時間

きっかけは偶然。スーパーで半額だったから。ふと気になって買ってみたら感動的な美味さでした!全国の珈琲好きが足を運ぶ北海道の名店だそう。是非行って現地で飲みたい!数種類でていて、どれも美味い。

④辻本珈琲

大阪の珈琲。ここでデカフェを買っています。妻の妊娠中からデカフェにするようになって、授乳も終わった今でもここのデカフェが美味くて買ってます。

 

⑤カフェダンケのバターブレンドコーヒー

数回しか行ったことないけど、忘れられないコクと味わい。関西に数店舗あります。ぜひ店を訪れてみて下さい。焙煎時にバターを淹れて独特のコクと旨味を出しているそうです。

喫茶店の文化史

カフェ好きって方、多いと思いますが、日本における喫茶店がどんな風に展開されてきたか?というカフェ・喫茶店の文化史を知ると、カフェや喫茶店がもっと面白く、楽しい時間になるので、本でも読んで勉強してみて下さい。

僕が大学でトップクラスに面白かった授業です。専門とは違うのに、この内容を目指して履修したわけではないのに、めちゃめちゃ面白かったんです。

日本の喫茶店の、中が見えない独特の構造の謎が分かります。

 

まとめ

いかがでしたか?

珈琲への愛を徒然なるままに語ってしまいました。

あなたの珈琲時間に少しでも佳きものとなれば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分らしく生きる、自分自身でいることをテーマにブログを書いてます。

自分を押し殺し、他人の価値観や意見ばかり気にする ❝いい子ちゃん❞ だった過去。自分のことが大嫌いでした。
そんな自分をなんとかしたいと心理学を学びプロの心理士として仕事をするも、自分嫌いは克服できずにいました。

そこへ、30代でゲシュタルト療法を受け、人生が180°変わりました。

自分が好きになり、
自分の意見や考えを軸に行動できるようになり、
やりたいことややってみたいことにも素直に食指をのばせるようになりました。
本もたくさん読むようになり、さまざまな考え方を柔軟に取り入れられるようになりました。

同じように悩んだことがある方や、今現在自分の生き方に悩む方へ。

あなたらしく生きる、あなた自身でいるための手掛かりやきっかけがみつかりますように、と僕の経験や学びを発信しています。
誰もが自分らしく生きられる世の中にする。

Ryuについてさらに詳しくは自己紹介を読んでくださいね。(↓ボックスのRyuをクリックすると自己紹介ページへとびます)

Ryu
Ryu

自分らしく生きる、自分自身でいることをテーマにブログを書いてます。
他人に合わせてばかりで外面がよく、自分のことが嫌いな”いい子ちゃん”だったけど、ゲシュタルト療法を受けて人生が180°変わった心理士です。
自分が好きになり、自分軸でやりたいことに食指をのばせるようになり、学びが習慣化。
同じように自分の在り方や生き方に悩む方へ、あなたらしく生き、あなた自身でいるための手掛かりやきっかけを得られるよう、経験や学びを発信しています。

Ryuをフォローする

コメント