アンパンマンのマーチに秘められた感動のメッセージ!!!

未分類

こんにちは。Ryuです。

愛と勇気だけがとーもだちさー♪

誰もが知ってるアンパンマンの歌。これがどれだけの名曲か知っていますか?読めば、この歌に込められた深い考え方を知り、生きるための大切な指針を得られると思います。

知る人ぞ知るってレベルだと思っていますが、本当にとてもいい歌詞なのです。一度検索してみて下さい。では!

 

 

、、、いやいや、もっと語りますよ。

作詞はアンパンマンの作者、やなせ たかし さんです。まず全文を見てみましょう。

そうだ うれしいんだ 生きるよろこび たとえ胸の傷が痛んでも

何のために生まれて 何をして生きるのか 答えられないなんて そんなのは嫌だ!

今を生きることで 熱い心燃える だから君はいくんだ ほほえんで

そうだ 嬉しいんだ 生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも

ああ アンパンマン 優しい君は 行け!皆の夢守るため

何が君の幸せ 何をして喜ぶ わからないまま終わる そんなのは嫌だ!

忘れないで夢を こぼさないで涙 だから君は飛ぶんだ どこまでも

そうだ 恐れないで 皆のために 愛と勇気だけが友達さ

ああ アンパンマン 優しい君は 行け!皆の夢守るため

時は早く過ぎる 光る星は消える だから君はいくんだ 微笑んで

そうだ嬉しいんだ生きる喜び たとえどんな敵が相手でも

ああアンパンマン 優しい君は 行け!皆の夢守るため

生きる喜び

出だしから素晴らしい胸をつくような言葉。

そうだ 嬉しいんだ 生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも

生きる喜び!そのものが嬉しい!というなんという前向きな言葉でしょうか?生きる喜びを、今生きている喜びを、生かされてきた喜びを、毎日どれだけ感じていますか?味わっていますか?

そもそも、生きている実感を、意識することってどのくらいあるでしょうか?

生きていることそのものが感動するほどのことであり、当たり前ではないという認識で、自分や周りや物事を眺めてみると、いつもと違った景色が見え、何より、感謝の心が生まれてきます。

現代では、「死」が日常からは遠ざけられています。「死」に触れる機会はそう多くないのが現状です。しかし、生き物として、生と死は常にそこかしこで起こっているのが常態であり、その意味では本来「死」は特別なものではありません。「死」を意識することは、その表裏である「生」を意識することであり、よりよく生きるためには死を前提とした生を生きることです。

終わりから考える、とは、自己啓発書の古典である7つの習慣にある言葉です。自分が死んだ時に、葬式に参列した人に、自分の人生について、なんといてほしいのか?どんな人だったと語ってほしいのか?自分のどんな貢献や業績を覚えていてほしいのか?自分自身は参列者の人生に対してどんな影響を及ぼしたかったのか?

できれば、じっくり考えてみてほしい。この作業に時間をかけることは、きっとあなたの人生を有意義にすると思います。

そして、痛みを感じるのは生きている証拠だとも言えます。

このように死から生をみることは、自分の人生を形作っていく上でとても大切な視点です。

深堀りすれば、アンパンマンのマーチの冒頭は、上記のことを凝縮した一言で語ってくれています。

どう生きるか?

君たちはどう生きるか?なんて本が流行りました。僕はまだ読んでいませんが、ぜひ読んでみたいと思っています。読んだらまた書きますね。

この歌の中で僕が一番好きなのが、Aメロです。珠玉です。

何のために生まれて 何をして生きるのか こたえられないなんて そんなのは嫌だ
何が君の幸せ 何をして喜ぶ わからないまま終わる そんなのは嫌だ

1番と2番の歌詞です。どうですか??僕は書いてみて改めてぐっときました。大事なことなのでもう一度言いますが、僕がアンパンマンのマーチで一番好きな歌詞はこのAメロなのです。

まず、一番。あなたは答えられますか?すっごく大きなテーマを軽快なリズムに乗せてすーっと歌っていますが、人生で極めて大切なことを述べています。

宗教的に言えば、あなたが生まれ持った使命とかいうかもしれませんが、

僕の言葉で言えば、生き方の方向性を持っているか?という問いです。

こんな風に生きたい、生きていこう、という方向性は、自分の人生をよりよくしていく指針であり、大きく言えば、人生の羅針盤です。これがあることで、ブレず迷わず進んでいけるのです。もちろん、走り出したら止まらないのではなく、指針を自分がよく把握していることで、変更も随時可能になります。

2番の、何が君の幸せ?何をして喜ぶ? これにも答えられますか?

自分の幸せの源泉、喜びの源泉を把握しているでしょうか?これは豊かな人生を送るうえでとても大切なことです。

喜びに心が満たされること、嬉しいこと、心躍ること、心弾むこと、幸せだなぁと感じること、、、多くの人が共通するものもありますが、自分だけのものだってあります。大なり小なりいろいろあります。自分の幸せの源泉を把握していると、ストレスも解消しやすいですし、生きやすい。

例えば、僕は雑草が好きです。道端に生えてる草花を美しいと感じ、愛でます。毎日の、は言い過ぎですが、季節の変化に応じて変わりゆく自然を発見することに心躍ります。旅行先では、植生の違いに気づいて嬉しくなったりします。また、空模様も好きです。空を見上げれば毎日違う景色に出会え、毎日感動を味わえます(←コレ、おすすめ!)。ナッツの食感が好きだし、みそ汁の香りが好き。幼児の笑顔や仕草が好き。我が子の頭の匂いが好き。人の役に立ってる感が好き。etc.

こんな風に自分の“好き”や心が動いた経験を振り返って書き出していくと、自分の幸せの源泉がつかみやすくなります。

つかめたら、今度は、それらを意図的に日常に取り込んでいきます。すると、日常の幸福度はあがっていきます。ぜひやってみて下さい。

“今ーここ”に生きる

最後にもう一つ、次の歌詞↓

今を生きることで、熱い心燃える

この今を生きること、という言葉を深く掘り下げていき、その大切さを確認していきます。

あなたは今何をしていますか?このブログを読んでいますね。読みつつも、他のことを考えていたり気になっていたりしているかもしれません。何か不安に駆られているかもしれません。

カウンセリングでは、“今ーここ”での感情の生起や行動を重視します。それは、人間の意識は、時間を軽く越えていくからです。過去のことを思い返してクヨクヨしたり、未来のことを先取りして不安になったりすることは多いです。家にいながら仕事のことを考えたり、別の誰かのことを想ったり。こういうことができるのは、人間の素晴らしい能力の一つですが、人はあまりにも“今ここ”で自分がしていることに集中できないことが多いのです。

逆説的にいえば、今ここに意識を集中することは、それだけで人生の充実度があがることにつながるのです。人間は、過去に戻ることもできないし、未来に飛んでいくこともできません。常に今ここにしか生きられない存在です。何事かをなすのは今ここをおいて他にあり得ません。

それなのに、意識はよく今ここから離れていってしまうのです。“今をいきることで”の言葉から、当たり前のようで実は当たり前でない、今ここを生きる大切さを学べます。

まとめ

いかがでしたか?アンパンマンのマーチ、深いでしょう?

アンパンマンは愛と勇気だけが友達なんか(笑)なんて言ってる場合じゃないくらい深いでしょう。

子ども向けキャラクターの代名詞のようなアンパンマンですが、やなせたかしさんによると、アンパンマンは元々大人向けに書かれたものだそう。だからこそ、歌詞にも大人が聞いても十分に深い生きることへの示唆が含まれているのですね。

「生きる喜びを感じ、生き方の方向性をもち、幸せの源泉をつかみ、今ここを生きましょう」

さいごに、やなせたかしさんの素晴らしい言葉をもって締めくくります。

「ひとはひとを喜ばせることが一番うれしい。」

そういう、与える人で在りたいものです。

アンパンマンのマーチ(←一曲だけ買うこともできます。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分らしく生きる、自分自身でいることをテーマにブログを書いてます。

自分を押し殺し、他人の価値観や意見ばかり気にする ❝いい子ちゃん❞ だった過去。自分のことが大嫌いでした。
そんな自分をなんとかしたいと心理学を学びプロの心理士として仕事をするも、自分嫌いは克服できずにいました。

そこへ、30代でゲシュタルト療法を受け、人生が180°変わりました。

自分が好きになり、
自分の意見や考えを軸に行動できるようになり、
やりたいことややってみたいことにも素直に食指をのばせるようになりました。
本もたくさん読むようになり、さまざまな考え方を柔軟に取り入れられるようになりました。

同じように悩んだことがある方や、今現在自分の生き方に悩む方へ。

あなたらしく生きる、あなた自身でいるための手掛かりやきっかけがみつかりますように、と僕の経験や学びを発信しています。
誰もが自分らしく生きられる世の中にする。

Ryuについてさらに詳しくは自己紹介を読んでくださいね。(↓ボックスのRyuをクリックすると自己紹介ページへとびます)

Ryu
Ryu

自分らしく生きる、自分自身でいることをテーマにブログを書いてます。
他人に合わせてばかりで外面がよく、自分のことが嫌いな”いい子ちゃん”だったけど、ゲシュタルト療法を受けて人生が180°変わった心理士です。
自分が好きになり、自分軸でやりたいことに食指をのばせるようになり、学びが習慣化。
同じように自分の在り方や生き方に悩む方へ、あなたらしく生き、あなた自身でいるための手掛かりやきっかけを得られるよう、経験や学びを発信しています。

Ryuをフォローする

コメント

  1. […] […]