覚えておきたい 人生に大切な3つのC

心理

こんにちは。Ryuです。今日はネットで見つけた名言を心理の視点で紹介したいと思います。

3つの❝C❞

人生における3つの❝C❞ : すなわち、Choice選択、Chance機会、Challenge挑戦

あなたは、選び取らなければならない。チャンスをつかみ取るのだ。人生を変えたいと望むのなら。

僕なりの言葉で意訳すると、こんな感じです。

胸にグッときました。

自分の経験から心底頷けました。こう在りたい、という人生を手に入れるには、自分の行動を、それに近づくように選択していかなければなりません。

もっと身近にシンプルに言えば、こうだったらいいのにな、を実現するには、それに即した行動を自分が選択していくのです。

例えば、僕で言えば、料理ができるようになりたい!と学生の頃から思っていました。が、その頃は滅多にしませんでした。実家暮らしでしたし、やろうにもやり方がわからなかったのです。今思うと、もっと聞いて教えてもらっていたらよかったと思います。聞いて教えを乞う、という行動を選択しておけばよかった、と思うのです。

今、結構料理できるようになってきましたし、何より好きになりました。結婚して共働きで、しなければならない必要性から台所に立ちました。数年が過ぎ、今では手に入った食材から自分で作りたい物の作り方を調べて、一から手作りするなど、挑戦してレパートリーを広げています。

話を戻して、3つの C の中で僕が一番大切だと感じたのは、Choice 選択です。

選ぶこと

人生は選択の連続です。

目覚めてすぐ起きるのか?もう少し寝るのか?何を食べるのか?どの服を着るのか?何を買うのか?今日の仕事はどんな風にしようか?何から取り掛かろうか?急ごうかゆっくりでいいか?話しかけにどう応じようか?イラっとしたのをどう対処しようか?呑もうかやめようか?そろそろ寝るか?etc.

毎日、些細なことから大きな決断まで、意識して、あるいは、無意識的に、何かを選んで行動しています。

健康な人間は、自分が今何を欲しているか?(自分の要求)に気付いており、それを満たすように行動します。「喉が渇いたからお茶を飲もう」という直接的な生理的欲求を満たすことから、「夢の実現のために勉強しよう」という長期的な欲求を充足することまで。

ただし、いくつもの欲求が同時多発的に生起してくるのが通常です。今はダラダラしたいけど勉強もしないと…、など。加えて、急ぎの仕事や家事育児など外部からの要求にも応えていく必要もあるのが現実です。

そこで、優先順位をつけて、一つ一つ充足していく必要がでてきます。つまり、いくつもの欲求や要求のうち、どれから満たしていくか?こなしていくか?選択していくことになります。

(自分が何を欲しいるのか全く分からない。どれから満たしていけばいいのか皆目見当がつかない、という方は、精神的な健康を害されている可能性があります。カウンセリングや心療内科などにかかってみることをお勧めします。)

意識して、毎日の選択をしていますか?

何を大切にして選択していますか? つまり、その選択の背景にある価値観はどんなものですか?

流されていませんか?自分の生きたい方向性をもって、選択できていますか?

選ぶのは自分自身です。選べるのは自分自身です。

自分の人生の主人公は、自分自身です。

主体性

もう一度言いますが、自分の人生の主人公は、自分自身です。主体は自分です。

主体性をもって行動しましょう。なんて言うと生徒の目標みたいに聞こえるかもしれませんが、とても大切なことで、自分で自分の人生の舵を取る、ということです。学生のうちからこれができると素晴らしいと思います。周りとの衝突は一定あるでしょうけど。許容して見守る大人の存在がほしいです。

自分が主体性をもって、自分がどんな行動を選択しているのかに気付き、必要なら、行動を変える(止める)。

たったこれだけで、人生が変わってきます。一つの行動を止めたなら、そこに別の要素が加わります。美味しい物を買うのをやめて代わりに本を買うのか?(←これはメンタリストDAIGOさんが学生の頃やっていたそうです。食費を削って食べずに本を買って勉強しまくっていたとか。) テレビを消して手紙を書くのか? だらっと過ごすのをやめてジョギングするのか?外食止めて自炊するのか?

自分で選べます。自分で選んでいます。

例を挙げた前者が悪くて後者が良い、というのではなく、自分の在りたい姿へ向かう行動になっているか?という問いにYESと答えられるかが大切です。

よりよい自分の人生のために、選択する

よりよい人生を生きるために、在りたいと思う姿に近づくような行動を、意識して選択する。

そのためには、在りたい自分を思い描く、輪郭をはっきりさせていくことから始めます。言わば、生き方の方向性です。大切にしたい価値観の明確化です。

この時大切なことは、心が躍るか?わくわくするか?

感情はからだが語る言葉。からだが、心が、求めている声に耳を傾けてみて下さい。自分らしさが見えてきます。

人生でしてみたいこと、叶えたいこと、を書き出してみるのもいいです。

今楽しいと感じれる物事を書き出してみるのもいいです。

昔、自分探しなんて言葉が流行りました(今でも言うのでしょうか?)が、答えは自分の中にしかありません。自分を見つめ、自分と向き合うことで、見つけられます。まぁそのためには逆説的ですが他者との交流も大切です。

まとめ

今回は名言を掘り下げてみました。いかがでしたでしょうか?

望むような人生にするために、その機会をつかみとるような行動を日々選択していく。これを実践していくことです。

僕なりの解釈ですが、少しでも読んで下さったあなたのお役に立てたなら幸いです。ご意見やコメントも頂けると嬉しいです。

ではまた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分らしく生きる、自分自身でいることをテーマにブログを書いてます。

自分を押し殺し、他人の価値観や意見ばかり気にする ❝いい子ちゃん❞ だった過去。自分のことが大嫌いでした。
そんな自分をなんとかしたいと心理学を学びプロの心理士として仕事をするも、自分嫌いは克服できずにいました。

そこへ、30代でゲシュタルト療法を受け、人生が180°変わりました。

自分が好きになり、
自分の意見や考えを軸に行動できるようになり、
やりたいことややってみたいことにも素直に食指をのばせるようになりました。
本もたくさん読むようになり、さまざまな考え方を柔軟に取り入れられるようになりました。

同じように悩んだことがある方や、今現在自分の生き方に悩む方へ。

あなたらしく生きる、あなた自身でいるための手掛かりやきっかけがみつかりますように、と僕の経験や学びを発信しています。
誰もが自分らしく生きられる世の中にする。

Ryuについてさらに詳しくは自己紹介を読んでくださいね。(↓ボックスのRyuをクリックすると自己紹介ページへとびます)

Ryu
Ryu

自分らしく生きる、自分自身でいることをテーマにブログを書いてます。
他人に合わせてばかりで外面がよく、自分のことが嫌いな”いい子ちゃん”だったけど、ゲシュタルト療法を受けて人生が180°変わった心理士です。
自分が好きになり、自分軸でやりたいことに食指をのばせるようになり、学びが習慣化。
同じように自分の在り方や生き方に悩む方へ、あなたらしく生き、あなた自身でいるための手掛かりやきっかけを得られるよう、経験や学びを発信しています。

Ryuをフォローする

コメント