ある車椅子の女性のために作った服がすごい!ユナイテッドアローズ「041」

こんにちは。Ryuです。

今日は『ある車椅子の女性のために作った服がすごい!ユナイテッドアローズ「041」』というタイトルで書きました。

読めば、一人の悩みを解決することは皆の悩みを解決し、ひいては社会問題の解決に貢献する、ということのカラクリが理解でき、仕事にもビジネスにも役立てられると思います。

Twitterでの出会い

先日、Twitterのタイムラインを見ていて、ある記事が目に留まりました。

ファッション大手のユナイテッドアローズが、障害児者向けのお洒落な服を作った!!

障害児童福祉の仕事をしている僕としては興味が湧いてきました。僕自身はファッションへの関心は薄い方なんですが、いつも接する子供の親御さん方は我が子のファッションを楽しみつつ、障害児ならではの悩みも抱えていらっしゃいました。

そんな事情もあって記事を読むと、これはいい!!!

と感激して、もっとたくさんの方に知ってもらいたい!と思ってこの記事を書いてます。

(僕のTwitterはタイトル下のアイコンから飛べます)

ユナイテッドアローズUnited Arrows「041」

正直に言います。ユナイテッドアローズがしていた「041」の取り組みを、障害児福祉の現場にいながら知りませんでした。

代わりに、ユニクロが幼児~小学生向けロンパースを発売した。それまでは、自分でパンツとシャツを縫い合わせて手作りで、我が子に合う、大きめのロンパースを作っていたお母さんが喜んで買うようになった。製品化となると、さすがによくできている。

瞬く間に、知り合いの方にも広まり、今では当たり前に皆さん買っている。皆さん、と言っても、僕の知っている限りではほんの数人。

でも、潜在ニーズはものすごく大きいと感じた。ユニクロのHPを見ると、大人向けの前開きの様々なものも製品化されていた。障害・手術後・介護など、さまざまなシーンが想定されていた。もちろん、ユニクロらしいシンプルデザインで。

「041」に込められた想い 誰もがファッションを楽しめるように

障害のある大人の人の悩みをご存じですか?

「麻痺があるのでパンツやスカートの着脱が難しい」「目が見えないから、どうコーディネートすればいいのかわからない」「自分に合うサイズの服がない」

日常的な衣服のことで結構悩んでいる方、多いそうです。(僕は障害児に接するので、大人の障害を持つ方との接点はほとんどないのですが、子供服の場合も似たような悩みはあります。特に着脱の点で。)

そこで、この記事の作成者 澤田智洋さんはファッション大手のユナイテッドアローズUneited Arrowsとご縁があり、顔合わせをしました。

その場で上記のような障害者のファッションの悩みを伝えたところ、「え、そうだったんですね。衣服の基本的な課題は大方解決されたと思っていた」とおっしゃったそうです。

障害福祉や理念は、ここ10年をみても随分変わり、浸透してきたと思います。とはいえ、少数派であり、細かい部分までは見えていないものなのだなぁと感じました。

服屋が「服の悩みは大方解決されたと思っていた」発言にもびっくりしました。今自分のいる地点から見えている限りだと解決されていたのでしょう。

そして、知ったからには服作りで解決を「やる」と決めた。この決断は、障害児福祉に関わる者として嬉しい。

ユナイテッドアローズはすぐに社内プロジェクトを立ち上げた。それが「041」。

詳細は、元記事に譲りますが、簡潔に言えば、車椅子でも着脱がしやすくお洒落なスカート、スタイ(よだれかけ)に見えないお洒落なスタイにもなるエプロンドレス、スポーティーでかっこいいスタイにもなるTシャツ、フルオープンになって着脱しやすい3ZIPパンツ、車椅子でも使いやすいコート。

この記事の要は、

一人のために、を追求すると、多くの人のために、が実現され

ということです。

そして、それはビジネスとしても成り立つ。

「一人のために」は「皆のために」

「041」プロジェクトは、社員から有志を募って手を挙げたメンバーで始まった。

そのストーリーで僕が感動したのは、プロジェクト参加者社員の中に、このプロジェクトを通じて、実は家族に自閉症がいるとカミングアウトされた方もいた、ということ。

その方の年齢や入社年月、家族というのは兄弟や親戚なのか、我が子なのか、はもちろんわからないが、長くいるとしたら、同僚にも言えなかったくらいのものだったのだろう。

この方について、記事の核心から離れるために、さらっと触れられているだけだが、本人にとってはすごく大きい事だったと思う。

「041」プロジェクトは、お客さんにも幸せをもたらしたが、社員にも利益以外のことで幸せをもたらしたのだ。(ちなみに、そのファッション性の高さから、当初目指していた障害者だけでなく、健常者の方も買ってく商品になったとのこと)

「一人の悩み」は「皆の悩み」「一人のために」は「皆のために」、を体現されたプロジェクト。それが「041」の核心だと思った。

皆の悩みになれば社会問題です。それを一企業が、デザインで解決した。そういう事例です。

引き合いに、わかりやすい眼鏡の話も出ていました。その昔、目を悪くしたら、障害だったのかもしれない。が今では、伊達眼鏡なんてものもあるくらい、ファッションとしても定着している。

今では、子ども眼鏡も珍しくなくなり、そして、お洒落になっている。

まずは機能的価値が大切なのだけれども、それだけでは満足しないのが人間。より自分らしさを表現していくための手法を、誰もが手にできるようになることはいい。

こういう方向性で、企業が動けば、社会はよりよい方へ進んでいくんじゃないか。そんな希望を抱けました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の感動が少しでも伝わっていれば幸いです。

ファッションも、エルゴノミクスマウスのようなユニバーサルデザインへとつながっていくといいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分らしく生きる、自分自身でいることをテーマにブログを書いてます。

自分を押し殺し、他人の価値観や意見ばかり気にする ❝いい子ちゃん❞ だった過去。自分のことが大嫌いでした。
そんな自分をなんとかしたいと心理学を学びプロの心理士として仕事をするも、自分嫌いは克服できずにいました。

そこへ、30代でゲシュタルト療法を受け、人生が180°変わりました。

自分が好きになり、
自分の意見や考えを軸に行動できるようになり、
やりたいことややってみたいことにも素直に食指をのばせるようになりました。
本もたくさん読むようになり、さまざまな考え方を柔軟に取り入れられるようになりました。

同じように悩んだことがある方や、今現在自分の生き方に悩む方へ。

あなたらしく生きる、あなた自身でいるための手掛かりやきっかけがみつかりますように、と僕の経験や学びを発信しています。
誰もが自分らしく生きられる世の中にする。

Ryuについてさらに詳しくは自己紹介を読んでくださいね。(↓ボックスのRyuをクリックすると自己紹介ページへとびます)

Ryu
Ryu

自分らしく生きる、自分自身でいることをテーマにブログを書いてます。
他人に合わせてばかりで外面がよく、自分のことが嫌いな”いい子ちゃん”だったけど、ゲシュタルト療法を受けて人生が180°変わった心理士です。
自分が好きになり、自分軸でやりたいことに食指をのばせるようになり、学びが習慣化。
同じように自分の在り方や生き方に悩む方へ、あなたらしく生き、あなた自身でいるための手掛かりやきっかけを得られるよう、経験や学びを発信しています。

Ryuをフォローする

コメント